スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の本線復帰…

DSC_1372.jpg

「D51 200を全検通すことになるかもしれん」

その言葉を一年前の春にどこかで聞いたとき、あまり深く考え込みませんでした。
「〇〇が復活するかも~」なんて話は、蒸機の話になれば、どこからともなく出てくる戯言。
ましてや梅小路にもう一台、本線蒸機を持てる余裕などあるはずがありません。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/10/page_6307.html

ところが噂話は少しずつ現実味を帯び始め、先ほど遂に公に発表されました。
自分のホームグラウンドとも言える梅小路から、新たなに蒸機が本線に返り咲き、
「北びわこ」や「やまぐち」で活躍するのは、大いに楽しみです。

しかし、僕は喜ぶことができません…。

DSC_3303.jpg

(上 梅小路蒸気機関車舘 2014.01.25)
(下 北陸本線 坂田-田村 2013.12.01)
スポンサーサイト

義経、復活

DSC_9944.jpg

「義経」が梅小路で動態保存される…って言われてもなぁ。。。

半年ほど整備されている場面も見守ってきましたが、
遊園地の汽車ぽっぽのような輸入蒸機には全く興味なく、昨日の式典に行くかどうかも迷っていましたが…。

やっぱり生きた蒸機は最高です。

(梅小路蒸気機関車舘 2014.10.10)

花咲く季節

1006167111096.jpg

iphone5sで撮ったのですが、携帯で撮ったとは思えない画質やボケ味です。
10年後の携帯では、どんな写真が撮れるのでしょうか。

今年中に弁天町で保存されている「義経」が梅小路に移送され、動態保存機として走ることが発表されました。
博物館が完成してしまえば梅小路も想像がつかないほど、大きな変貌を遂げそうです。

(梅小路蒸気機関車館 2013.02.25)


いま旬の蒸機

DSC_1658.jpg

次々に届いてくる北からの便り。

テンダ機、非電化、無装飾。
舞台は白銀の世界。

行かなかったら一生後悔するんじゃないかという思いで、僕は週明け旅立ちます…(笑)

(梅小路蒸気機関車館 2014.02.14)

謹賀新年2014

DSC_0470.jpg

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

更新頻度は少ないですが、過去の写真を出すなどして週1回は更新していきたいと思っています。

今年もC58239の復活など、蒸機の話題が尽きぬ年となりそうで楽しみです。

(梅小路蒸気機関車館 2014.01.05)
NEXT≫
プロフィール

線路際の猫

Author:線路際の猫
京都の大学生

Nikon D7000/D90

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。