スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Night train

DSC_3376.jpg

冷たい冬の静寂を切り裂いて、暖かい光を溢しながら轟音とともに鉄橋を渡る夜行列車。

それは、まるで時空を越えてきたかのような錯覚に陥りました。

現代に残された奇跡のような光景です。

(大井川鐡道 下泉-塩郷 2014.01.25)
スポンサーサイト

雪×旧客

DSC_0763.jpg

C6120の復活に合わせて、整備しなおされたJR東日本の旧客。
同時に蒸気暖房も復元され、今まで冬季の運行がなかった旧客も年中運行が可能になりました。
以前から冬の雪のなかを走る旧客が撮りたかったのですが、
毎日のように旧客の動く大井川は、暖かい気候であるため雪が積もることはまずなく、
元々冬季の蒸機運行が少ないJRでは、旧客の雪中走行が見られる機会はほとんどありませんでした。

しかし、D51の蒸気暖房管が昨年春の検査で再整備されたこともあり、
この冬、前年のスノーパーク号に続いて新春レトロみなかみ号として遂に真冬の上越線の旧客運行が実現しました。
前年のスノーパーク号で味を占めた僕は、今年も豪雪の水上駅へ降り立つ…はずでしたが、
昨年と比べ雪は半減、さらに吹雪いてもおらず寒いだけという天気。。。
当初予定していた撮影地(水上界隈ではありませんが…)は、工事のため撮れずで何をしに来たのやら。

幸いにも復路の水上発車では、願いが通じたのか若干の吹雪になりましたが、
思い描いた旧客の後追いは、ちょっとイメージと違う…。
このカットはメインではありませんが、ドレインがなければ最高だったかも。

新年最初の撮影はあまりにも不完全燃焼な結果を生みましたが、
この教訓を原動力に今年も全国へいい写真を撮る旅をしたいと思います。

(上越線 水上-上牧 2014.01.11)

謹賀新年2014

DSC_0470.jpg

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

更新頻度は少ないですが、過去の写真を出すなどして週1回は更新していきたいと思っています。

今年もC58239の復活など、蒸機の話題が尽きぬ年となりそうで楽しみです。

(梅小路蒸気機関車館 2014.01.05)
プロフィール

線路際の猫

Author:線路際の猫
京都の大学生

Nikon D7000/D90

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。